カテゴリ:こども×暮らし×アート( 7 )
「子ども×くらし×アートを考えるワークショップ研修会」⑥
10月からの講座1~5を経て、
「子ども×くらし」がイキイキするようなそんな
子どもアート・フェスティバル(2/26)を企画しよう!
という作戦ミーティングを実施しました。

e0204095_13562697.jpg



アートを通して、くらしの見かた、価値を変える
アートを通して、こどもとのくらしを楽しむ
くらしや子育てを楽しめるような企画、ワークショップを考えます。
フェスティバルでは何が出てくるか???
お楽しみに♪


e0204095_13591196.jpg


【講座6】12月10日(金)11:00-14:00 
    子どもアート・フェスティバルを企画しよう!—企画広報を考える―
    会場:京町家 さいりん館 室町二条

※なお、子どもアート・フェスティバル(2/26)に参加したい方は、
以下までお気軽にご連絡ください。

・ワークショップ提案
。当日ワークショップサポーター
・事務局サポーターなど、
お手伝い頂きたいことは、たくさんあります。
関わりやすいカタチで、ぜひご参画ください。


今後の予定

【講座7】12月18日(土)13:00-15:00 
    子どもアート・フェスティバルを企画しよう!—リハーサル―
    会場:下鴨亭 

【講座8】2011年2月26日(土)
    子どもアート・フェスティバル実施!—企画本番とふりかえり―
    会場:京都市こどもみらい館

全体プログラムファシリテーター講師:加藤ゆみ(クレヨンカーニバル)



by こどもアート(かとう)
[PR]
by asonabi | 2010-12-15 13:59 | こども×暮らし×アート
京都アートストーリーin 京都文化博物館
京都アートストーリーin 京都文化博物館
国際プレゼンテーション&交流会
2010年12月1日(水)

NPO法人こどもアート
こどもアートを通して、風土に根差した暮らし、まちのありかたを見直したい!
まちや×里についてのお話をさせていただきました。
e0204095_9301920.jpg


まちと里との地域間交流、また世代間交流から、
それぞれの魅力や、課題の再発見、
あらたな知恵や創造性を見出すきっかけになればと思います。
そして、日本人としてどう未来を創造すべきか?
とくに、こどもたちにこそ、日本人たるその‘源’に触れて欲しいと思います。

みなさんとともに、次のあるべき姿を育んでまいりたいです。


■京都アートストーリーin 京都文化博物館

国際色あふれるプレゼンテーションイベント。
京都は昔から世界の文化の中心地。今もいたるところで、いろいろな催しが行われています。
そこで、アート、デザインや文化に関わる人たち(日本人も外国人も)が集まり、自分たちの活動や作品をプレゼンテーションし、交流を深めます。

http://web.mac.com/mitakue/iWeb/Site%203/A611F961-5CB9-40CF-BBBE-FF01F784C6B8.html
[PR]
by asonabi | 2010-12-03 09:30 | こども×暮らし×アート
「子ども×くらし×アートを考えるワークショップ研修会」⑤
【講座5】秋のコロコロ・ゴロゴロ収穫祭

11月21日(日)10:30~15:30 
講師:静原のおばあちゃん・CAFE MILLET 隅岡敦史&樹里

静原にあるオーガニックCAFE MILLETさんで採れた小豆を使って、
‘お手玉づくり’、また小豆についての美味しいお話、おすすめレシピの紹介や、小豆を知る  
ワークショップも。こどもからおとなまで、暮らしを遊び学べる1日です。

会場:CAFE MILLET 京都市左京区静市静原町1118 
http://blog.cafemillet.jp/

さやのついたところから、小豆をとります。
e0204095_20172260.jpg


こどもたちも、大活躍
e0204095_20165983.jpg

e0204095_20173313.jpg


小豆についての、お話、レシピ紹介
e0204095_20164937.jpg


お手玉づくり
e0204095_2016788.jpg
e0204095_20161854.jpg


ツリーハウス、やぎのいるお外へお散歩
e0204095_20162894.jpg

e0204095_20303675.jpg



秋のポカポカ陽気、
ゆったりとした時間が流れました。

暮らしを楽しむ。
ちょっとづつできるところから、取り入れていきたいですね~

by こどもアート(かとう)
[PR]
by asonabi | 2010-11-22 20:27 | こども×暮らし×アート
「子ども×くらし×アートを考えるワークショップ研修会」④
【講座4】駄美術から考える子どもと楽しむ美術作品づくりー実技編ー

11月13日(土)13:00~16:30
ゲスト講師:籠谷シェーン
会場:でまち家 京都市上京区寺町通今出川下ル真如堂前町104  http://demachiya.kyo2.jp

駄美術をキーワードに、現代美術シーンで活躍する現代美術二等兵の籠谷シェーンさんを講師に、駄美術のユーモアやそのエッセンスを学びつつ、参加者が実際に子どもと楽しむ美術作品づくりを行います。今までの自分では決してつくることのできなかった楽しい新境地を発見しましょう。笑いあり涙ありの現代美術の実技講座です。


e0204095_0394122.jpg


■籠谷シェーン(美術家・現代美術二等兵)
大阪府生まれ 京都市立芸術大学美術学部卒
<籠谷シェーン><ふじわらかつひと>の2名からなるアートユニット「現代美術二等兵」メンバー。高尚で難解な美術に対して、ちっぽけだがクスッと笑える「駄美術」を制作。立体、絵画、写真などジャンルにこだわらない制作活動を続けている。
http://homepage3.nifty.com/2touhey/


さあ、本日のお題です。
①最終回に登場しそうなキャラクター
②それが運ばれてくる、想像を絶するような乗り物

いきなり!!!涙!?
e0204095_040324.jpg


しかし、参加者のみなさん、上手に描いてくださいました。
e0204095_040988.jpg
e0204095_0401745.jpg


ここからは、身近な素材で創作スタート
e0204095_0402397.jpg

e0204095_0403099.jpg

ああでもない、こうでもないと・・・
e0204095_0403568.jpg

思いもよらず、夢中に手が動きます。
e0204095_0404167.jpg


なんだかやっぱり・・・『駄美術』まさに『駄美術』。
素敵な作品が完成しました。
e0204095_0405235.jpg


おとなの図工。
意外な作品にびっくり!!
こどもゴコロが騒ぎはじめました♪

by こどもアート(かとう)
[PR]
by asonabi | 2010-11-17 00:54 | こども×暮らし×アート
「子ども×くらし×アートを考えるワークショップ研修会」③
【講座3】手から手へ届ける暮らしの中のアート
11月1日(月)11:00~12:00 リレートーク 
          12:00~13:00 みんなのおしゃべり会
e0204095_23202434.jpg


伝えたい思いをカタチにする‘いちにち商店街’のリレートーク。
顔がみえる人とモノとのつながりから、楽しく心地よい時間をお届けします。
みんなが気軽に表現できる場であり、そしてみんなが共につくっていく場です。つくり手さんは、パパやママも多く毎月たくさんの親子が集まっています。
会場:下鴨亭 京都市左京区下鴨蓼倉町68-1  http://www.factory-net.jp/

e0204095_23221138.jpg

ナビゲーター:CAFE素 中村敏美さんにより、 
いちにち商店街ツアー、スタートです!
e0204095_23394989.jpg


オトメゴコロさん(おにぎり)
新米・新米♪
e0204095_23265039.jpg

e0204095_23262739.jpg


お着物すてき、はるやさん
e0204095_2327960.jpg


竹じろさん(竹の楽器)
e0204095_23384649.jpg
e0204095_23281273.jpg


全て、みなさんの手作り。
くらしの中をおすそわけ・・・
こころを届け、こころを頂く、あったかい空気が漂っています。

AOWさん(パン)
e0204095_23282930.jpg
e0204095_23284363.jpg


ことり舎さん(せっけん)
e0204095_2329375.jpg


お子さんを抱いて、お店の出展。
「こどもが生まれて・・・おとなだけで楽しんでいただことができなくなって、
くらしを楽しむことに、視点を変えました」
そんなお母さんの言葉がとっても印象的でした。

e0204095_23302476.jpg

e0204095_23292840.jpg

中村さん、下鴨亭の平井さん、
いちにち商店街の成り立ち~今についてお話をお伺いしました。

その他、ニットやさん
e0204095_2330225.jpg


投げ銭ライブ、マッサージコーナー、廃材を使った積み木遊びなど・・・
e0204095_2332563.jpg


こどもたちとともに、わいわい、たくさんのみなさまが自由な空間を楽しんでいました。
e0204095_23391085.jpg


みなさまも一度覗きにいらしてください。
とびきりの何かを感じる場所です!
e0204095_23323546.jpg


by こどもアート(かとう)
[PR]
by asonabi | 2010-11-04 22:50 | こども×暮らし×アート
「子ども×くらし×アートを考えるワークショップ研修会」②
【講座2】遊びと学びの場のデザイン
10月30日(土)13:00〜16:30
会場:でまち家 http://demachiya.kyo2.jp
ゲスト講師:山内祐平 / モデレーター:水野哲雄

e0204095_22303950.jpg


ワークショップやファシリテーションを研究している山内祐平さんをゲストに、
その最新の実践理論の学び、参加者がこれからのワークショップや遊びや学びの体験活動のデザイン方法をブラッシュアップするための講座です。
ワークショップを次の次元にシフトするためには何が必要なのかを考えました。

でまち家は満員御礼!!
参加者のみなさまは、保育・教育、福祉、美術館、まちづくり関係者、アーティスト、デザイナー、学生さんなど・・・幅広い分野の方にご参加頂きました。
e0204095_22304660.jpg



■ファシリテーター:内記さん(CAMP)によるワークショップ
かみかみハンズワークショップのスタートです!
e0204095_22305119.jpg


各チーム、ふわふわとか?ぎざぎざとか?ぷにゅぷにゅとか?
ボックスの中につくる「テーマ」が与えられ、紙を使って表現します。
e0204095_22305622.jpg

おとなのみなさん、夢中に創作☆
e0204095_2231241.jpg


さあ、発表の時間です?!
どんな「テーマ」がつくられているでしょうか?
e0204095_22311674.jpg

わくわく、ドキドキ・・・
e0204095_22311042.jpg


さあ、たねあかし!!
e0204095_22313247.jpg

e0204095_22313792.jpg


山内先生の登場です。
いま、みなさんが体験したワークショップを例に・・・
ワークショップについてのお話をして頂きました。
e0204095_22314526.jpg


■山内祐平(東京大学大学院 情報学環 准教授)
1967年愛媛県生まれ。東京大学大学院情報学環准教授。大阪大学大学院人間科学研究科博士前期課程修了後、大阪大学助手・茨城大学人文学部助教授を経て、現職。博士(人間科学)。 専門は教育工学・学習環境デザイン論。空間・活動・共同体・人工物の観点から情報化社会における学習環境のデザインについて研究を進めている。著書に「デジタル社会のリテラシー」(岩波書店)、デジタル教材の教育学(東京大学出版会)、学びの空間が大学を変える(ボイックス出版)などがある。


普段わからなかったこと??? もやもやしていたことが、
スーッと解決しました。そんなご感想を多く寄せて頂きました。
e0204095_22315081.jpg


ワークショップ、はてしなき追及・・・
これからも試行錯誤は、つきません。


◇上記に関する、お問い合わせ先
主催:アート・コミュニケーション・デザイン
E-Mail:cctc50s50@m09.alpha-net.ne.jp / 090-2024-3709

協力:NPO法人こどもアート
[PR]
by asonabi | 2010-11-04 22:47 | こども×暮らし×アート
「子ども×くらし×アートを考えるワークショップ研修会」①
子どもたちのくらしがアートでイキイキとしてくるような、
そんなお手伝いをしたいと思っている皆さんと、一緒に学び合うための連続講座です。

e0204095_0544683.jpg


【講座1】こどものあそびとくらしから
10月6日(水)第1部10:30~12:00 対談、第2部13:00~15:00 ミニワークショップ
会場:京町家 さいりん館 室町二条 
ゲストには、伊勢達郎先生、水野哲雄先生をお招きしました。

e0204095_055414.jpg

■ 伊勢達郎(自然スクールトエック代表)
学生時代よりカウンセリング・キャンプを学び、85年「自然スクールTOEC」設立。個人やグループのカウンセリング・沖縄無人島キャンプ等の自由なキャンプ・無認可幼稚園・小学校など展開。社会に新しい学校のスタイルを発信・提案している。

e0204095_0552117.jpg

■ 水野哲雄(京都造形芸術大学こども芸術学科学科長教授)
ヴィジュアル・コミュニケーションデザインを学び、86年MOMAに選ばれる。コミュニケーションをテーマにアートシーンでの表現活動からワークショップによる協働化を展開。アートの可能性と役割を発信・提案している。


平日にも関わらず、会場は満員御礼!!
まなざしからは、こどもたちに対するあつい思いが漂います。
e0204095_171750.jpg


フリースクールの活動紹介、
日々こどもに関わる思い、願い、また悩みなど、現場の声とこどもたちの映像とを、合わせてご紹介頂きました。
e0204095_17150.jpg


参加者のみなさまは、こどもに関わる専門職、保育・教育現場の方、アーティスト、
またお母さん、お父さん、学生さんなど、幅広い年齢層の方にご参加頂きました。


伊勢先生のワークショップ
コミュニケーション、こどもとの関わり方についてのワークショップ。
e0204095_0564340.jpg

e0204095_05783.jpg



水野先生のワークショップ
身近なところにアートが存在している。
あらたな視点を発見するワークショップ。
e0204095_0572456.jpg

e0204095_1115419.jpg



■ファシリテーター かとうゆみ(クレヨンカーニバル)
e0204095_1131349.jpg



以上

※講座2以降~
詳細は、こちらをご覧ください。http://artcomde.exblog.jp/


◇上記に関する、お問い合わせ先
主催:アート・コミュニケーション・デザイン
E-Mail:cctc50s50@m09.alpha-net.ne.jp / 090-2024-3709

協力:NPO法人こどもアート
[PR]
by asonabi | 2010-10-15 00:59 | こども×暮らし×アート