『まちと里でつながろう会』
都市農村交流新潮流 !
~まち(都市)とむら(農村)の交流を、立場や垣根を越え新たに捉える一日~

11月27日(土)、静原のカフェミレットさんにて、
丹後を拠点に活動されているゲスト(10代~、20代~、30代~)を
お招きしイベントを行いました。

1、高校生×地域!「丹後デザインプロジェクト」(NPO法人地球デザインスクール)
丹後の高校生が、ガイドブック作成、商品開発、アンテナショップ設置
などを通して、若い感性による丹後の魅力発信と課題解決を行うプロジェクト。
今回はその事例紹介や高校生視点の丹後への想いを語って頂きました。
e0204095_029146.jpg

e0204095_0285517.jpg


2、丹後をフィールドとする、大学生院生からのプレゼン
棚田の再生、こどもたちとの「うかわくらぶ」についての紹介。
e0204095_0503732.jpg


3、宮津市松尾在住 農家 溝口喜順さん 美穂さん
農村へUターンした比較的若い年代(30代中頃)から見た実情のお話。
こんにゃくの作り方を教えて頂きました。
e0204095_0451730.jpg


溝口さんは、農業やこんにゃく作り、祇園祭りで使われる笹の葉も出荷されています。
e0204095_030382.jpg


◆こんにゃく作りのワークショップ
これが、こんにゃくいもです。
e0204095_029854.jpg

e0204095_0291573.jpg


まちに暮らす人はもちろん、
丹後出身の若者たちも、作るのは初めて!?
e0204095_0292345.jpg

e0204095_029574.jpg


こんにゃくをミキサーで・・・
木の灰から作った灰汁(あく)を入れてかためます。
e0204095_0283551.jpg

e0204095_0294380.jpg


こんにゃくがいよいよ・・・
ぷにゅぷにゅ、感触が気持ちいい。
e0204095_030938.jpg


丹後・溝口さんの畑でとれたお野菜、
美しい棚田のお米で作られている、飯尾醸造さんのお酢、
丹後の恵みを、ミレットさんでお料理して頂き堪能。
まち×さとへの想いを語りあいました。
e0204095_0301663.jpg

e0204095_0304065.jpg


■11月イベント 都市農村交流新潮流 !
『まちと里でつながろう会』(仮称)

とき:2010年11月27日(土)16時~19時30分
ところ:CAFE MILLET(京都市左京区静市静原町1118)http://blog.cafemillet.jp/

主催:NPO法人こどもアート・『まちと里でつながろう会』(仮称)実行委員会
協力:cafemillet・株式会社飯尾醸造・NPO法人木野環境・NPO法人里山ネットワーク世屋
    京都造形芸術大学こども芸術学科Aゼミ、NPO法人地球デザインスクール
    京都府立大学京都政策研究センター里力再生研究会

※この企画は平成22年度 京都府地域力再生プロジェクト支援事業交付金の支援を受けて行われています。
[PR]
by asonabi | 2010-12-03 00:41 | まち×さと
<< 京都アートストーリーin 京都... 丹後里山チャレンジ11月 >>



コトナとオドモ?!
by asonabi